So-net無料ブログ作成

やれやれ

入院している父は、次の水曜日に退院することになりました。一時は大騒ぎしたのですが、検査結果はたいしたことではなかったのです。ほっとしました。

殊勝にも「酒は一切やめる」と言ってます。でも、元気になったら、また飲むんだろな。

さて、仕事のほうも昨日で一つの懸案が片付き、こちらも「やれやれ」です。きょうは自宅近くで、全身マッサージ。60分で3500円と都心の半分ぐらいの料金です。つかれがたまっていたので、もまれながら、爆睡してしまいました。ふう。


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 10

もりけん

おとうさんのこともさることながら、自分自身のこともそろそろ
気にしなくてはいけない歳かも…。ねぇ、けいぞうさん!
といいながら、私は大の病院嫌い。ついこの前52歳になりましたが、
検査は行きません。こわいですから…。行きませんとも。
by もりけん (2006-10-15 02:04) 

お父さん、良かったです。ひと安心。
好きなものを辞めることがストレスにならないようにしないとね。
週に1日お楽しみ日を設けて、その日は1杯好きなお酒が飲める、とか(笑)
全身マッサージ気持ちよさそう。私も久しぶりに行ってみようかな・・・。
今の疲れた体だと、始まって3分ほどで寝てしまいそうです。
by (2006-10-15 09:11) 

けいぞう

>もりけんさん 病院、あんまり行きたくないですよね。ちゃんと検査したら、ぜったい何か見つかりそうですもん。兄さんもこわいですか。ん~、注射されるとき、針の先は見ます? ぼくは見ません。こわいっす、情けないけど。

>nadiさん いつもありがとう! ぼくも、ちょっとのお酒ならいいと思うんですよ。そう、かえってストレスになるかもしれませんしね。今回のことを機に、車の運転もやめてもらうことになったのですが、別の楽しみを見つけてくれるのを期待しているんです。ところでマッサージ、気持ちいいですねー。ぼくは2週間に1度はやってもらいます。nadiさんも「自分自身におつかれさん」という意味で、こここらで一丁もまれてみては(笑)。
by けいぞう (2006-10-15 10:57) 

お父さん安心しましたね。
身体のためと言ってもあれもダメこれもダメってなると寂しいですから何か楽しみをみつけられたらいいですね。
わたしは注射の時の針の先はじっと見ている人です。
見ていたほうが安心するもの・・・違うって?(^^;)
by (2006-10-15 18:40) 

けいぞう

>アカシアさん 励ましメッセージ、ありがとうございます。父は「打たれ弱い」タイプなんで、最初は「俺はあと2年ぐらいだろう」と必要以上に落ち込んでたんですよ。でも退院が決まると、ケロッとしていて、心配したのがもったいないくらいです(笑)。注射針のことですが、女性のほうが「ちゃんと見る」派が多いような気がします。強いなあ。周りの男性はほとんど「目をそらす」派のようなんですが…。
by けいぞう (2006-10-15 20:14) 

tanpopo

退院、良かったです!!
でも楽しみにお酒を我慢するのは辛いですよね。
ストレスがたまらない程度に・・・我慢して欲しいです。
マッサージ気持ち良さそう♪
疲れがとれて・・・これからも頑張って下さいね^^*
by tanpopo (2006-10-15 23:29) 

いくそむ

お父さん、退院良かったですねぇ〜!!私の母もついこないだ入院してたもんで、なんだか親の体が心配になって来ると、自分も年をとったんだなぁなんて考えたりします。
そのマッサージ屋さん安くて良さそうですねぇ〜。
by いくそむ (2006-10-16 21:29) 

けいぞう

>tanpopoさん ありがとうございます。その後、電話で話したけど、すっかり元気になったようです。これに懲りて、しばらくは玄米菜食&断酒してもらいましょ(笑)。この前の3連休は帰省でつぶしたし、つかれたーって、感じでした。

>いくそむさん お母様はもうだいぶいいのですか? これから、あれこれ心配が増えますねえ。ぼくなんか、親が九州にいるもんだから、行くだけで大変です。ほんと、こっちも疲れる歳なのに。肩も凝ります、ホント。
by けいぞう (2006-10-16 23:22) 

もりけん

コメント遅くなってごめんなさい。
注射針の先は「平気だもーん」って顔をして出来るだけ
見るようにしていますが、血液監査で自分の血が採血管?の
中に入っていくのを見続けるのがけっこうしんどいです。
「ぎょえ、赤に黒が混じった色…」なんて思いながら、そこを
じーぃっと見続けるのは勇気がいります。
先日も自分的には絶対胃ガンだと確信して医者に行ったら、
胃炎と診断されて真剣に身辺整理を始めようとしていた私を
家内は思いきり笑っていました。
by もりけん (2006-10-20 02:36) 

けいぞう

>もりけんさん うひゃっ! 兄さんはよくそんな勇気がありますね。まとまった量の血なんか、ぼくはとても見られません。これがサクランボのような色ならいいんですけど、実際は「怖い色」ですよね。胃がん、ですか…。もしかして奥さんに優しい言葉をかけてもらいたかった……とか。そうか、笑われましたか……。なんとコメントしてよいやら。
by けいぞう (2006-10-21 20:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。