So-net無料ブログ作成

西巣鴨の中心で、焼酎の××割りを飲む [うまいもん]

 きのうの夜は、とってもディープな店に連れていってもらいました。西巣鴨。これが、まあ、レトロで味わい深い店なんだな。 

 そして、この店の名物が……。

 

焼酎の牛乳割り! 

 

一瞬、ひるみます。手前のコップに入っているのは焼酎で、白いのは明治牛乳。これを1:1の割合で、別のコップに注ぐのが流儀とか。

焼酎は謎の一升瓶にはいっている。そのラベルを見ると新品じゃなくて、ぼろぼろ。ということは、中身は詰め替えてるんだな。 

へい、おまっとさん。これが完成形ですね。

 

気になるお味ですが……。焼酎と牛乳。目隠ししてもわかるほど、きっぱり、その二つの味だけです。でも、のど越しがなめらかーなので、飲みやすい。あとで、だまされそうな予感。

あ、お皿にあるのが焼き鳥ならぬ「やきとん」です。これ、文句なしにおいしかったです。2人でけっこう飲み食いして、5000円でした。満足。ひゃあ、ひさしぶりに酔っちまったぜ。

業務連絡……Yさん、予言されていたように、朝4時ごろ頭が痛くなって目がさめましたよ。やはり焼酎のせい?

 

 


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 6

もりけん

その焼酎の牛乳割り?けっこう興味があります。っていうか、
じぶんちで簡単にできそうですね。うーん、チャレンジしようか…。

やきとんうまそうですね。私もお気に入りの「とんやき」の店が
あったのですが、3年ほど前に閉店してしまいました。70代の
ご夫婦できりもりしていたのですが、おかあさん(奥さん)が
入院(その後亡くなられてしまいました)されて臨時閉店〜そのまま
閉店…といったパターンで。

臨時閉店の時に偶然お店の前でおとうさん(ご主人)会ったら、まだ
新品の徳利を数本と皿を何枚かくれました。きっと奥さんの病状が回復
しないと思っていたんでしょうね。こうして自分の大好きな店が少しずつ
無くなっていきます。

その店は私の親が通っていた店で、40年以上前(小学生の時)に初めて
行ったお店でした。

名古屋の今池という庶民の街にあった「たぬき」いう名前の居酒屋でした。
by もりけん (2006-11-03 19:03) 

けいぞう

>もりけんさん まいど! よかった、お元気そうではありませんか。牛乳割りは、いい焼酎だともったいないですよ。ぜひ、安い代物が手に入ったとき(どんなときやねん)ぜひ、試してください。今池、しってますよ。いやあ、馴染みの店がなくなる話は切ないですねえ。徳利とお皿のエピソード、泣かせます。
by けいぞう (2006-11-03 21:06) 

Y

え~、、、ご一緒させていただいたYです。
牛乳割りを出す店は、私が確認しただけで、あの近辺に3軒あり、もしかすると滝野川文化なのかもしれません。別の店では「ワイン割」(文字通り安焼酎を安ワインで割ったもの)というのもありましたが、悪酔いする客が続出して、禁制になりました。
やきとんとかもつ煮込みにはこだわりがあって、美味しいところを開拓中です。
by Y (2006-11-04 05:00) 

けいぞう

>Yさん 滝野川文化、おそるべしですね。ワイン割というのは味的にも最悪な気がします。でも、そういうアナーキーな猥雑文化こそ、あすの日本の活力となのでしょう。なくしちゃいけません、育てましょう。ぼくも一軒、浅草橋に変な安居酒屋をしってます。機会があれば浅草ツアーもそのうち。
by けいぞう (2006-11-04 21:06) 

いくそむ

うへ〜〜!?牛乳割りの焼酎って、強烈な組み合わせですねぇ。お腹には優しそうだけれど、おいしくて(謎)つい飲み過ぎて気持ち悪くなってしまった時を考えると…、むむぅ、強烈だろうなと想像してしまいました。
by いくそむ (2006-11-06 14:50) 

けいぞう

>いくそむさん キモくなったときのことまで想像させてしまって、すみませんねえ。ふつうは、別々に飲んだほうがおいしいのだとおもいますが、この場合、焼酎のほうがタダモノではなさそうなんで、こうなったような……。いろいろ謎です。
by けいぞう (2006-11-11 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。