So-net無料ブログ作成

2つのビートルズ [音楽]

amazonで、2枚のCDを買いました。いまさらビートルズと思われるかもしれないけど、ときどき無性に聴きたくなることってありません? 

1枚は「武満徹 ギター作品集成」。現代音楽でスタートした故・武満ですが、のちに、メロディーラインの美しい作品をいくつも作曲しています。このCDには、ギターのために作曲・編曲したものが収められています(演奏は鈴木大介)。ビートルズナンバーでは「ヘイジュード」などが入っていて、しっとりとして、まあなんと、いい感じであることよ(古文の参考書って、こんな言い回しでしたね)。

武満の特集番組をテレビで見て、武満が「なんど聴いても発見がある」と生前に語っているのを知りました。それが、小澤征爾に薦められた「サージェント・ペパーズ」だそうなんです。

というわけで、もう一つは元祖のほうです。LPはいまも手元にあるけど聴けないので(帯がないと中古店が引き取ってくれないので売るにも売れない)、CDを買ったんです。

もう40年前のアルバムなのに、ほんと、よくできてるなあ。ステレオにヘッドホンつけて、通して聴いたけど、最後に「終演のごあいさつ」的Sgt.Pepper's で終わってもよいところを、A Day In The Life でしめるというのはすごすぎる! 高校生のときとは違った発見が、たしかにありました。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

桜蘭

高校生のとき ビートルズかローリングストーンズかなんて
議論していたときがありました。私はどっちでもよかったんですが
大人になって聴くビートルズが好きになりましたよ♪
by 桜蘭 (2007-05-03 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。